福岡 【NPO 福岡気功の会】通信教育/健康/教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡/気功団体【NPO 福岡気功の会】通信教育/健康づくり/教室

  作成日時 : 2008/07/29 13:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

【福岡気功の会とは】
Q 福岡気功の会とは
A  福岡で20年前産声をあげた、日本では最老舗の気功同好の士の任意団体。はじめの数年は、サークル活動。1990年ころから、指導員の養成、派遣、会員同士の親睦、気功の学術的研究。他の気功団体との交流をはじめて、現在日本で有数有力な気功団体に成長。

 ポリシーは、@自救自助、自己鍛錬の精神
 A治療はしない
 Bリーズナブルな(安い)会費
 C非権威的な指導
 D自由でおだやかな雰囲気 


 会長は創始者の山部嘉彦。傘下の指導員は18名。福岡市域、北九州市域を中心に約40クラス。各教室の人数は5〜6人から20人ほどで、毎週指導員を中心に、さまざまな気功を学び習っています。会員数は約400名です。うち約100名は県内外の自由会員(教室に所属していない会員)です。18才から82才まで老若男女が楽しく集う気功ファミリー。

Q 入会するとどんなメリットがありますか?
A @ 気功関連情報満載の会報『ゆーき』が届く(隔月刊B5 20P)
A 会の催しに優待参加できる(講習会など、一般参加者より1000円安く)
B 書籍、パンフ、ビデオなどが会員価格で購入できる
C 会員限定企画(中国観気旅行、研修会、月例練功会)に参加できる
D 個人指導(自己治療相談)が受けられる
E 信頼できる医師、治療家、カウンセラーの紹介が受けられる

 気功の会としてのサービスは、せいぜいこんなもんです。別にたいしたことはない。しかし、気功の会に集まってきた、個性豊かな会員同士の交流から受け取ることのできるものは、お金に代えることはできません。

Q 会ではどんな気功をするのですか?
A 目的によって、どんな気功が向いているのかが決まります。また、年齢や体力、その時々の体調によってもやり方は変わるはずです。
 私たちの会(教室)で取り扱う気功は、自分のために自分でする気功が基本です。
 では、教室では、どんなことをし、どんなことはしないかまとめてみます。

●すること


@ 体ほぐし(準備体操)
A 套路学習(気功の動作の順序をおぼえる)
B 気感訓練、イメージワーク
C 講義(ショートレクチャー。気功や健康に関する話)
D 練功
E そのほか、気功的生活に役立ちそうなこと

●しないこと


@ 治療(紹介やアドバイスはできます)
A 御祓、お浄め、まじない、占い
B 武術気功、超能力開発
C 宗教行事、儀式、イニシエーション
D そのほか利益誘導的なこと、不気味なこと、あまりにもオカルト的なこと

 私たちの会では、

@ 周稔豊老師 亀蛇気功
A 〃 五禽戯
B 〃 八段錦
C 焦国瑞老師 気功太極十五勢
D 〃 三環掌
E 張広徳老師 導引保健功
F 馮志強老師 太極棒気功
G 〃 太極尺気功
H 王滬生老師 静功導引十二式
I 陳啓生老師 霊元功
J 馬礼堂老師 六字訣
K 湯偉忠老師 金剛八式
L 〃 結手印
M 中健次郎先生 山東道教気功
N 〃 峨嵋内功
O 〃 大鵬神功
P 山部嘉彦先生 双龍功

などの功法が学べます。私たちの会のほとんどの教室ではこれらの功法を3ヶ月1クールで次々にとりあげます。
 功法を介して、気功の本質を自らつかみとるように指導しています。
 個人指導を希望の方は事務局までお尋ねください。予約が必要です。
 教室は週例が基本で、他に隔週、月例の教室があります。詳しくは教室案内をご覧ください。

Q 福岡気功の会では、気功を教えてくれますか?
A  はい、会長や指導員が主宰する「直営」の教室では気功が学べます。でも気功を教えることが会の目的なのではありません。会の趣旨は、気功を学ぶ人たちが、御互いに親睦を深め、気功を発展普及させていくために力を合わせ、知恵を出し合いましょう、ということです。

Q 何人くらい居るんですか?
A  会員証を持っていて、教室に毎週顔を見せる実質的な会員は400人ほど。そのほかにカルチャーセンターなどで学ぶ人がおり、地域の公民館などで練功している人も含めると、会の指導員とつながりのある人の合計は、800人を下らないでしょう。会員は全国各地にいて、県外の会員は100人以上もいます。
 ひとつの教室の人数は少なくて5〜6人、多くても20人ほどです。
 ただ、この10年ほどは、一時のブームも去り、不景気の影響もあって、少なくなってきています。
 ちょっとのぞいてみようという人は最近は定着しないようです。

Q どんなことをしているんですか?
A  会では、教室での定期的な気功の指導。学術研究。指導員養成。各地の気功団体との交流。会報やこのホームページなどで情報発信をしています。

Q たとえば会の催しにはどんなものがあるんですか?
A @ 定期講習会
年3回、内外の気功家を招いて、一日いっぱい気功を習う。会費は4000円ぐらい。習ったことは、教室で復習して、身につくようにしている。
A 総会
毎年6月、会員総会を開いている。会員同士の交流のお祭りだから、バザーや作品展示会もある。記念講演は、気の世界の広がりを実感できる面白い話が聴ける。アトラクションは、生演奏など。
B 観気旅行
中国に、毎年秋20〜40名で団体旅行。風水のすぐれた名所めぐり、練功指導。北京の王滬生老師と提携した、中身の濃い、水準の高い5泊6日。
C 月例練功会
毎月、第一日曜日の午前、福岡市中央体育館などで開催。3時間みっちり練功。教室での指導を補う、レベルアップのための講座。山部嘉彦先生指導。1000円
D 野外練功会、トレッキング・・・
気の場としてすぐれた公園や、神社などで練功する。霊峰トレッキングや、日帰りのバスハイク、国内観気旅行なども随時企画、開催。

Q 福岡気功の会は、どこかの組織に属していますか?
A  いいえ。兄弟のように仲良くしている組織はたくさんありますが、あくまでもお互いの自主性を尊重した対等なおつきあいをしています。

Q 会長の山部嘉彦さんは気功をどう考えていますか?
A  気功は、自分の内気を扱う技法だ、内気は「気の身体」を構成している。気功をするにはその「気の身体」を知らなければならない。
-----と力説します。
 それは、英語を学ぶのに、文字(アルファベット)とその読み方を学ぶのと同じだ。
 ガイドブックとして辞書が必要なように、気功の(特別な)用語を知る必要がある。それから先生について声を上げて読む。それと同様に意味をたどりながら、復習する。気功も同じなのだ-----と。
 伝統的な指導法から脱却し、主体的に学ぶ学ぶための斬新的なカリキュラムを研究中。興味のある方は、会発行のオリジナルパンフレットをお読みください。地元福岡では毎月、札幌と東京では偶数月、大阪では奇数月に新しいコンセプトとカリキュラムによるハイパーレッスンを開催中。(初心者参加可)

Q 福岡気功の会に入会するにはどうしたらいいですか?
A  下記の電話番号に直接電話かFAXにてお問合せください。

「福岡気功の会」電話番号およびFAX【092-592-8331】直接の電話は毎週火曜日13:00〜17:00のみ受付。FAXは随時。


 なお、入会金5,000円のほか、年会費4,000円を納入していただくことになっております。入会届用紙とともに事務局から振込用紙をお送りしますので最寄りの郵便局でお支払いください。

●FAXで申込まれる方は以下の項目をお答えください
(必須事項)

(1)あなたのお名前、フリガナつき
(2)郵便番号
(3)住所
(4)自宅電話番号
(5)他の気功団体に所属の方は、その団体名
(6)入会申し込みの動機(一言でも結構です)

会長の山部嘉彦先生はどんな人か
−山部嘉彦プロフィール−
A  1947(昭和22)年生まれ。団塊世代。札幌出身、大学は小樽。1978(昭和63)年に東京から福岡に来て、前年後に気功に出会い19年。日本の気功の草分けの一人。気功の交友の中で知った治療法『筋診断』の師範でもある。日本筋診断協会師範、久山町ヘルス&Cセンター客員講師、気脈の会世話人などの肩書きも。1986(昭和61)年に福岡気功の会を旗揚げ、以来代表。著書に『気のマンダラ』『気功の解析学』(以上、柏樹社刊)そのほか、『別冊宝島103 気は挑戦する』『別冊宝島220 気で治る本』に執筆。現在、直営教室6、カルチャーなど8教室で気功を指導。福岡在住。2003年からハイパーレッスンと銘打って、札幌、東京、大阪でも定期的に講習を開始。

【問い合わせ/入会/通信教育受講の方は】
今すぐ、こちら    NPO法人福岡気功の会
            福岡市南区井尻2丁目45番12−202号
             電話/FAX:092(592)8331

            メ−ル:f-kikou@true.ocn.ne.jp

      福岡気功の会の公式ホ−ムペ−ジヘどうぞ

        http://www11.ocn.ne.jp/~f-kikou/

【気功紹介】
 ■ は じ め に
 気功がどういうものか、よく知らないうちに、気功で病気が治った、体の調子が良くなった、とても気持ちがいい…などと聞いて、気軽に「じゃあやってみようかな」と教室にやって来られた方。インターネットのホームページを訪ねて来られた方。
 気功は中国の伝統的な修養法などが基になっていますので、さまざまなものがあります。最初に出会う気功が、多くの気功愛好者がそれも気功っていうのかなと首を傾げるようなものだと、あとあと苦労します。最初の気功は、分かりやすく、親しみやすく、やったあと気持ちのよいレッスンであるべきです。これから紹介するのは、どこで気功を始めても、きっと役に立つ気功の基本の基本です。
 気功はもともと読んだり聴いたり見ただけでは分かりにくいものです。なぜならそれは感覚をたよりにした技法だからです。ぜひ実際にやってみて、この説明と突き合わせて理解の助けとしてください。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
このホ−ムペ−ジの運営責任者は、野口です。
福岡/気功団体【NPO 福岡気功の会】通信教育/健康づくり/教室 福岡 【NPO 福岡気功の会】通信教育/健康/教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる